おすすめお食事処in会津若松

こんばんは。
 昨日より、福島県も梅雨に入りました。
昨日こそ、天気に恵まれ、福島市では夏日を記録しましたが。
本日は見事な梅雨。しかも大雨洪水注意報まで発令中です。

 午前中は、ドリフのタライをひっくり返したような大雨。
現在はシトシトと穏やかに降り続いています。

 地震の影響で地盤が緩んでいる峠道もあり十分に注意が必要です。

さて、本日のお題「おすすめお食事処in会津若松」
今回お邪魔したのは、コチラ…

 会津地方no1の呼び声も高い、こうみ家さんです。
以前から、一度足を運んでみたかったのですが、
今日は買い物次いでにいって参りました。

 さて、気になる店内は約10席程のカウンターのみのラーメン屋さんです。
味は、やっぱり喜多方系の醤油ベース?
いえいえ、チガうんですってば。
勘の良い方はお気づきかと思いますが、
屋号に「家」が付きます。

 もちろん、本家からの暖簾分けではありませんが…

そう、ここ会津にもありました。
美味しい豚骨ラーメンです。

そして、当たり前のように「全部のせ」を注文。
もちろん、「固め」に「多め」です。

 この年でカタメはまだしも、「多め」は、ダイジョウブカ?って。
心配ご無用。
 現代人にはサントリー「黒烏龍茶」があります。
強い味方です。
PS 大宮の斉藤さん。またいつでも遊びに来て下さいね!

さてさて、本題に戻ります。
私の悪いところは、脱線する、話が長い、まとまらないの三拍子です。

 して、お味は…
 まずはチャーシュー、コチラは肉厚にとろとろの煮込み系。
色も薄く、味も上品ですが、ジューシーなとろとろ具合が間違いなく会津イチ
 続いて、麺。
ここ会津は味噌も醤油も豚骨までチヂレ麺ですが、
なんとこちら、太めのストレート!!しかも固めに茹でてくれる。
もう感動です。
しかも、会津の方々の為にと、ちぢれ麺も選べる心憎いサービス付き。
 もちろん、焼き海苔も忘れてはいません。本家のように器いっぱいにトッピング。
そしてそして、そうホウレンソウです。
家系には、なくてはならないトッピング。
油ギトギトな背徳感満載のラーメンを、野菜しかもホウレンソウを食べることにより、
ほんの少し懺悔した気分になります。
 トドメには、もちろん生!ニンニク。もちろん自分で潰します。
&豆板醤!!いや〜アガリマすね、実際。
食べる前から、万歳。
 さらに良くみると…
そうなんです。
 ネギではなく、タマネギのみじん切りなんです。
泣かせます。

 奥さんの実家は、新潟県三条市。
その名を全国に響かせる。
天下の「杭州飯店」
これを食べずして、新潟 三条ラーメンを語るべからず。
この発祥の地でも、ネギの変わりにタマネギのみじん切りなんです。

 え!?タマネギのみじんぎり!?
いえいえ、待って下さい。
これが、油系に良く合うんです。
まずは、その辛み。そして、なによりたまねぎのシャキシャキが口の中をさっぱりさせてくれます。

 新潟三条ラーメンも、油の厚い層が出来ます。
これは、昔から工場が多かった地方ならではの知恵。
冬にもなれば雪がちらつく同地方。
そんな、寒い中。出前したラーメンが冷めきっていたのでは仕事になりません。
出前先でも冷めない、その為には油で層を作れば良い。
しかも、麺まで太ければ伸びにくい…
 先人達の知恵は、本当に偉大ですね。

 おっと、また脱線。
そろそろ、ラーメンが食べたくなった人もいるのでは?
 肝心の味は…
もう、間違いありません。

 本家、家系には及びませんが、遠く離れた会津にも
美味しい豚骨醤油系ラーメンがここにもありました。

 今回の「こうみ家」
旅行者の方よりも、どちらかというと。
会津で働いている方、そして長期滞在者などにおすすめですね。
 もちろん、寒い冬。
アルツ磐梯スキー場の帰りに是非オススメです。

 そして、本日最後に…
かねてより、切望していたものがやっと手元に届きました。
紆余曲折ありましたが、先日クオレに到着です。

 いろいろと、開けたり覗いたりして。
タービンに空気を送る際に通過するパッキンより若干の油漏れがあり、
添加剤を入れ様子を見ることに…
 そして、恒例の磨きです。
きっと、この時間が一番好きかもしれませんね。

それでは、今日は少しだけ披露

 1989年、第28回東京モーターショーでそのベールを脱いだコチラ
日本国内で10万6722台もの登録台数を誇りそれだけのオーナーが誕生しました。
1997年12月に生産終了。
既に14年もの歳月が過ぎてもなお、多くのオーナーに愛情を注がれるコチラ

 私で3オーナー目
しかも、前オーナー、前々オーナーと正確に辿れる。
氏素性がしっかりとした個体。
奇跡の個体ですね…

 しかも、これで145800kmも走行しているのも関わらず、まったくヤレがありません。
年式相応のヘタレはあるものの、実際この綺麗なインパネまわり…
う〜ん、美しい。

 と、書けば止められるまで書きますが。
今夜はここまで、

それでは、みなさん、おやすみなさい

2件のコメント

  1. ハヤブサ 6月 23, 2011 11:39 pm  返信

    こんばんわ!

    どこかで見たことあると思ったら、HDJ81Vのコクピットじゃないですか(^o^)

    ちなみにホースからの油のにじみはブローオフバルブからによるブローバイガスによるものだと思われます。心配しなくて大丈夫ですよ。
    入れてしまった添加剤が気にナル…

    うわさによるとエンジンはトラックやバスと同じように丈夫なので50万キロはイケるとの事。

    またのレポート楽しみにしておりますm(_ _)m

  2. ほくと 6月 24, 2011 6:24 am  返信

    そうなんですね。
    やはり、色々相談してみるべきでした…
    一応1級整備士の指導のもとで入れたものなので大丈夫かな…心配になって来ます。

    しかし陸の王者とは言ったものです。
    現行にはない良さが満載です。

    クロカンはこの型までのコトを言うのでしょうね。

    決してシティービーグルではありません、
    コイツには山に海に砂に…そんな景色が似合う。
    もちろん雪も!

コメントを残す